ジェルネイルのメンテナンス時期は?ネイルサロンへ通うペースはどのくらい?

ジェルネイルで指先をオシャレにすると気分も上がりますよね。お気に入りデザインのジェルネイルをつけた時は、暇ができる度に爪を眺めるなんて方も少なくありません。
そんなジェルネイル、ネイルサロンへはどのくらいの頻度で通うと良いのでしょうか?今回は爪のことを考えたメンテナンスの頻度と、実際通っている方のメンテナンス頻度をまとめてみました。

 

ネイルサロンに通うおすすめのメンテナンス頻度

ネイルサロンでジェルネイルを付けた時はとてもキレイな指先ですが、爪が伸びてくると見た目も悪くなってきますよね。
ネイルサロンではハンドの場合3週間前後に1度のペースで、メンテナンスをおすすめされています。
その理由としては、伸びてきた爪とジェルとで段差ができて見た目が悪いのはもちろんですが、衛生面を考慮しているからです。
水をよく使われる方や夏の汗をかきやすい時期は、特に衛生面を注意しなくてはなりません。爪とジェルの間に浮き(リフト)があるとそこから水分が入り込み、グリーンネイルと呼ばれているカビが生えてきます。
このグリーンネイルを予防するためにも定期的なメンテナンスが必要なのです。指先が何かと接触して1本だけジェルネイルが浮いてしまった時は、そこから菌が入りやすくなっているので、早めにネイルサロンに行きましょう。

 

皆はどのくらいの頻度でネイルサロンへ通っているの?

金銭面や時間の都合もありますが、多くの方が3〜4週間に1度のペースでハンドのメンテナンスでネイルサロンへ通われています。仕事を頑張っているご褒美や気分転換として、月に1回ネイルサロンに通われている方が多いのだとか。

 

 

 

ジェルネイルを長持ちさせるには

爪の先端に圧がかかると、せっかくつけたジェルネイルに負担がかかりますので、缶のプルタブを開けることや、段ボールのガムテープ剥がしなどの爪の先端を酷使するようなことは止めましょう。また家事で長時間、水を使う時はゴム手袋をすることで、ジェルネイルのモチや手荒れ予防にも効果があります。
この他にも、しっかりと保湿をして爪や手の乾燥を防ぐことが大切です。

 

ネイルオイルで爪を健康に

ジェルネイルはスカルプネイルに比べると爪を削る回数が少ないのですが、毎回ジェルネイルを楽しまれている方は、爪が薄くなることをどうしても避けられません。
丈夫で健康な爪を育てるためにも、栄養を補給してくれるネイルオイルを日々塗りましょう。